Author: R+house IGA/NABARI

R+house IGA/NABARI -中里工務店- / Articles posted by R+house IGA/NABARI

建築家打合せ③。

今日もさわやかな行楽日和でした。 N様の建築家打合せ3回目が行われました。 きっちり2週間おきに打合せができるよう調整いただき今日を迎えることができました。 2回目のプラン提案以降もご夫婦でよく話し合われた様子で細かいところまで要望が具体化しながらも仕様もドンドン決めていくことができました。 R+house伊賀・名張としては3件目の平屋が進みます(^^)...

足場バラシ。

さわやかな週末でした。 H様邸「南北の景色を楽しみのどかに暮らす家」の足場が外れました。 和風の外観に合うベージュとグレーの中間のような色合いの塗り壁が周辺の景色に溶け込みます。 質感がいいです。 アップはこんな感じ。 これからドンドン仕上げていきますよ(^^)...

土台伏せ。

昨日ボージョレーヌーボー解禁でした。 地元の造り酒屋も新酒が並びかけてきています。 酒飲みには嬉しい時期です。 M様邸「プライバシー重視の四角い家」は来週の上棟に向け土台を伏せています。 高気密・高断熱住宅のR+houseではこの段階で気密処理が行われています。 基礎と土台、コンクリートと木材が接する部分をキッチリ気密処理しておかないとダメなんです。 断熱施工もですが気密を高めるための施工はかなり早い段階から始まります。 言い換えれば後からちゃんとしようにもできなくなる部分の施工をキチンとしないと高性能な住宅はできないのです。 初めから気を抜かない施工が大事なんです(^^)...

外壁施工。

すっかり日が短くなって一日の終わりも早くなったと錯覚する最近です。   I様邸「笑顔で暮らすL型の家」では外壁の施工が進んでます。   こちらは黒のガルバリウム鋼板とリシン吹付けの組み合わせです。   2色使いですが素材感も変えてるのでカッコよく出来てくるのは間違いないと思います。   H様邸「南北の景色を楽しみのどかに暮らす家」の外壁は左官仕上げになります。 現在、下地を塗っているところですが和風に合うステキな仕上がりになります。   R+houseはお客様のイメージを大切にしながら建築家のアドバイスも加えて外壁の仕上げはさまざまです。   決して規格住宅ではない自由な素材をご予算も踏まえながら決定していく過程も楽しんでいただけています(^^)...

12/15(土)、16(日) 「無料家づくり相談会」

  開催日 12月15日(土)、12月16日(日) 開催時間 10:00~17:00 受付予約数 各日6組様(先着順)、参加無料、予約制 開催場所 R+INK(名張店) 名張市桔梗が丘4-1-4 イベント内容 「家づくり、何から始めたらいいのか分からない」 そんな方にオススメの個別相談会です。 お金、土地、間取り、リフォームなど… 家づくりに関わることなら何でも相談できる機会です。 まずは「話す」ことから家づくりを始めませんか? 下記より、ご希望の時間帯をお申込下さいませ。 ①10:00~12:00 ②13:00~15:00 ③15:00~17:00 備考 【ご来場特典あり】 ・『トクする家づくり損する家づくり』(1組様1冊)等 ...

各打合せなど。

昨日とうってかわって気持ちのいい天気でした。   朝から現場で打合せしたり、新たな企画の具体的な打合せがあったりな一日でした。   M様邸「プライバシー重視の四角い家」は基礎型枠も外され増し打ち部分の断熱工事などをしています。   本気で高断熱住宅を建てようとするとかなり早い段階から断熱工事が発生します。   壁の断熱材にいいモノ使ってるからとかサッシは高性能だからなんて言ってるくらいでは本当の高断熱住宅は建ちません。   仕組みを理解して間違いない施工をすることが大切です。   でもお客様は分からないし住宅会社でも分かってるところが実は少ないのが現状だったりするのです。   建てる側のレベルがバラバラなので選ぶ側の知識が大切なのです(^^)...

雨でした。

昨日の夜から久しぶりにしっかり雨降りでした。   晴れ続きだったので鬱陶しく思いますが例年よりは雨でも暖かい気がします。   H様邸「南北の景色を楽しみのどかに暮らす家」は年内の完成に向けて工事が進んでます。   そろそろ外壁の左官工事が始まります。   下地のグレーも案外いい感じになじんでますが(^^)   また質感が変わるので楽しみです。   和風のR+houseもカッコイイです(^^)...

12/9(日) 「構造見学会」

一生に一度の家づくり 一度も中身を見ずに建てられますか? 一般木造住宅は簡易チェックのみで建築許可が下りるため 95%以上が構造計算されていないという事実をご存知でしょうか? R+houseでは全棟構造計算を行い、耐震等級3を確保。 これは災害時の拠点となる警察署や消防署と同じ耐力で、 数百年に1度の大地震でも倒壊・崩壊しないとされる強さです。 一般木造住宅においても 「より安心で安全な建物を提供すること」「オーナー様ご家族の命と安全を護ること」。 それが中里工務店の構造に対する考え方です。 場所/伊賀市千戸(上野東ニュータウン内) 時間/10:00~17:00 ■予約不要・参加自由 ■ご来場特典あり (当日は各所に案内看板を設置致します) ※詳細地図をご希望の方は弊社までお電話又はホームページのお問合せ欄よりお申し付け下さい。...

気密測定。

今日はI様邸「笑顔で暮らすL型の家」の気密測定が行われました。   いくら断熱性能が高くても気密性能が悪ければ意味がない!という事実があるのでR+houseでは全棟で気密測定を行います。 何も意識せず施工をすれば気密性能を表すC値は4〜5㎠/㎡と言われています。 R+houseはC値1㎠/㎡以下を目指していますが弊社ではさらにハードルを上げ0.5㎠/㎡以下を目標にしています。   これってかなり施工精度が必要なのです。   で、今回はC値0.2㎠/㎡!! もはや安定の数値となりつつあります。   施工がキッチリされている証しなんです。     そういえば弊社の近所で他の地域ビルダーによる住宅新築の現場がありますが、かなり前に上棟を済ませたはずなのにいまだに屋根が施工されておらず気になって仕方ありません。   はたして工程管理はどうなってるのか…   こういうことってお客様にはわからないことなんですが実は大事なことなんですよね。     R+house伊賀・名張は施工精度はもちろん工程管理もキッチリさせてもらっています(^^)...

型枠施工。

さわやかな秋晴れの週明けです。   今月21日が上棟予定のM様邸は基礎の型枠が施工されコンクリートの打設を待っています。   この基礎施工中の無機質な感じがけっこう好きな方は私と同じマニアックです(^^) M様邸は「プライバシー重視の四角い家」としてレポートしていきます(^^)...