地鎮祭。

今日も朝から雨降り、昼過ぎには上がりましたが鬱陶しい日々です。   しかし、伊賀市の町中でO様の地鎮祭が執り行われました。   足元はドロドロですがテントまでわずかに歩ける幅がありなんとか靴は汚れずに辿り着いてもらいました。   打合せではよくグズる息子君もなぜかおとなしくしていてくれたおかげで強い雨にも合わずに行えました。   申請業務が済めば着工の運びとなります。   楽しみです(^^)...

配筋検査。

今日も朝から雨降りでスッキリしません。   I様邸「笑顔で暮らすL型の家」では基礎の配筋検査が行われました。   構造計算に基づく耐震等級3を確保するのはこれでもかって言うくらいボリュームのある配筋になります。   いずれ近いうちに見えなくなる部分ですがここで気を抜くのは良心がとがめます。                       ここで気を抜いて良心がとがめない業者も多いらしく誰のための安心できる家を建てているのか疑わしくなりますね。   自信をもって安心の家を建てています(^^)...

吹抜け。

今日はずぅっと雨降りです。   外回りの工事に影響するので雨はイヤですね。     KM様邸「アウトドアライフを具現する家」は大工さんの工事がほぼ終わり、これから仕上げのクロス貼りに入っていきます。   こちらもリビングに吹抜けがあり優しい光落としてくれます。   外観は山小屋を彷彿とさせるだけでなく内部の壁も板張りでまさにアウトドアライフです。                       2階からはリビングに面した土間も見えます。   アチコチに楽しい仕掛けがあるステキなおうちです。   なお今日の投稿は大工さんのものをちょっと真似しました(^_^;)            ...

秋空に映える。

今日もさわやかな秋の天気でした。   H様邸「南北の景色を楽しみのどかに暮らす家」は周辺に家が建て込んでいないのでさわやかな青空がよく似合います。   カタチが明らかになると周辺に溶け込んだ感じがよく分かります。   家って周辺にいかに馴染むかが大切なことだと思います。   アトリエ建築家が必ず現地を確認してイメージして設計するのでR+houseの家はどこかオシャレだけど周辺に違和感なく溶け込む家ができるんだなと思うのでした(^^)...

内部足場。

やっと秋らしいさわやかな天気になってました。   K様邸「家族のためのリビング空間を持つ家」はリビングの吹抜けに足場が組まれました。   いよいよ仕上げのクロス工事に入るために天井まで施工ができるようにステージを作ります。   吹抜けを設けることが多いR+houseではおなじみの光景となります。   この足場が外される頃にはかなり完成に近づくわけです。   10/13、14に見学会でご覧いただけるのが楽しみです(^^)...