住宅を建てるときに家相・風水は気にするべき?

稲岡です。

 

今回は住宅を建てる際に家相や風水は考慮した方がいいのかどうか…ということについて私見を思いつくまま書こうと思います。

 

注文住宅でおしゃれで住みやすい家を建てようと思うとまずプランの設計をすることから始まります。いろんな希望や要望を設計する担当者に伝えて図面を作成してもらうのです。設計する方はそれらの希望要望を整理してプランとしてまとめていきます。動きやすいとか使いやすいとか無駄がないなどの提案を加味しながら図面化していくのです。

 

その際に「家相とか風水って聞いたことあるけど気にしないといけないの?」という質問を受けることがあります。逆に「設計を考える際に家相や風水は意識した方がいいですか?」と設計する側からお客様に質問してから設計に入るケースがあります。

家相や風水に関する書籍も多く出版されていて読み漁る方もいれば神社やお寺だったり家相師とか言われる人に相談したりいろいろです。もちろんネットには情報があふれています。

とことん気にする方もいればまったく気にしない方もいます。

 

--そもそも家相・風水って?--

風水は中国の都市計画が起源と言われていますし、家相は風水の思想を住宅に反映したものという説があります。案外起源が曖昧であり内容も細かいところは違っていたりするもので、何を信じるかだったりどこまでこだわるかで考え方も変わるようです。

実際に家相を見るときも家の「中心」の出し方が違うことが見受けられることがあり、磁北と真北で南北の取り方が変わることも多くありますし、正解がきっちりと存在していないと思うことがあります。

 

それでも家相や風水に関心があるのは日本の気候風土や住宅の住まい方や使い方の変遷に依るところが大きいように思います。

日本の住宅を考えるときに南側は日当たりがいい、北側は日当たりが悪いという大前提のもと南側の夏は暑い、北側の冬は寒いとなるわけです。そのほかに夏の西日はきついとか冬は北風が冷たいなどの要素が加わるわけです。

昔の排水設備資材や工事技術が不十分な時代に寒くて北風が吹きこむところにトイレやお風呂があると今でいうヒートショックが起こりやすく健康に悪影響がでたり、溜まった水が不衛生になったりしますし、西日が当たるところにキッチンなんかがあると冷蔵庫などない時代は食材が腐りやすかったりカビが繁殖したりと悪影響が出るのです。

そういう意味では科学的根拠がある先人の知恵として普及しながら根付いた思想なのかもしれません。

 

--気にした方がいいの?--

現代の住宅の建築技術や資材の発達を考えれば家の中に温度差がなく寒いところができないとか、きつい西日は窓の取り方で抑えることができたりします。断熱性能や気密性・水密性など住宅の基本性能が昔の日本の住宅より高まってきているのも事実です。

だからといってまったく気にしなくてないがしろにしていいかと言うとそれも難しかったりします。なんとなく科学的根拠がありそうな迷信のような思想のようなモノに対してどう取り組むかはお客様しだいなのです。

 

こだわるのであれば信じるに至った文献などを設計する方に提示する方がいいでしょう。あるいは具体的に指摘を受けそうな事柄を列挙して相談するべきだと思います。

さほどこだわりはないけどせめて鬼門に当たる北東の角はトイレだけは避けた方がいいと聞いてますがユニットバスならいいかとか、裏鬼門に当たる南西の玄関だけは意識してほしいなどのこだわりの程度は伝えておくべきだと思います。もちろん現在の住宅の技術や性能を重視して家相や風水が住みやすいプランを阻害するなら無視してもいいということならその旨を伝えてから設計に取り組んでもらうのが得策だと思います。

 

家相や風水の要素を完全に網羅し完全に課題をクリアしつつ希望や要望を盛り込んだ間取りはまず出来ないと思いますので、やはりこだわりの程度を決めることが大事かと思います。

設計する側からいえば何も気にしないと言ってもらう方がプラン作成の自由度は高まりますからありがたいというのが正直な気持ちだと思います。ただし設計をする者は一般的な家相や風水は勉強しているので、お客様が求める程度に応じて設計はしてもらえると思います。

 

--結局はお客様しだい?--

親御さんや親しい方の中で家相や風水について詳しそうな方がいらっしゃるのであれば前もって計画を伝えておかないと後から提案プランに口出しされることもあり大きく計画の変更が生じることも考えられるので検討が必要です。

 

なんだか正解のないぼんやりした話でしたが要するにお客様しだいということで参考にしていただけると幸いです。

 


私たち中里工務店は

三重県伊賀市•名張市•鈴鹿市を拠点に

建築家とつくる高気密・高断熱・高耐震(耐震等級3)の高性能なデザイン住宅を手掛けています。

 

三重県伊賀市•名張市•鈴鹿市•亀山市で

注文住宅・新築・一戸建て・マイホームをご検討の方は是非お問合せください。

(※その他地域は要相談。お気軽にお問合せくださいませ。)

 

【中里工務店  公式instagram】

@rplus_nakazato

https://www.instagram.com/rplus_nakazato/

 

【GARDENS GARDEN伊賀・名張  公式instagram】

@garden_nakazato

https://www.instagram.com/garden_nakazato/

 

【Cafe&Showroom R+INK  公式instagram】

@cafe_rink

https://www.instagram.com/cafe_rink/

Share