Blog

気密測定。

今日はI様邸「笑顔で暮らすL型の家」の気密測定が行われました。

 

いくら断熱性能が高くても気密性能が悪ければ意味がない!という事実があるのでR+houseでは全棟で気密測定を行います。

何も意識せず施工をすれば気密性能を表すC値は4〜5㎠/㎡と言われています。

R+houseはC値1㎠/㎡以下を目指していますが弊社ではさらにハードルを上げ0.5㎠/㎡以下を目標にしています。

 

これってかなり施工精度が必要なのです。

 

で、今回はC値0.2㎠/㎡!! もはや安定の数値となりつつあります。

 

施工がキッチリされている証しなんです。

 

 

そういえば弊社の近所で他の地域ビルダーによる住宅新築の現場がありますが、かなり前に上棟を済ませたはずなのにいまだに屋根が施工されておらず気になって仕方ありません。

 

はたして工程管理はどうなってるのか…

 

こういうことってお客様にはわからないことなんですが実は大事なことなんですよね。

 

 

R+house伊賀・名張は施工精度はもちろん工程管理もキッチリさせてもらっています(^^)

Share