気密試験&足場ばらし。

今日はR+house伊賀・名張の2棟目と3棟目で気密試験がありました
気密性能はC値(相当隙間面積㎠/㎡)で表され、数値が小さいほど住宅の隙間が少なく冷暖房や計画換気の効果が向上することで結露が起こりにくくなるなど快適な住宅には欠かせない性能です
この数値が2以下であれば高気密住宅と称する会社も多いのですがR+houseでは1以下は死守、できれば0.5以下を目標にしています
今回の測定では、K邸で0.56、E邸で0.54、数値は四捨五入なので0.6と0.5という結果でした
ほぼ同じ数値で充分高気密住宅と胸を張って言えます
ちなみに断熱性能(Q値)はK邸1.7、E邸も1.7とどちらも目標の2以下で「高気密高断熱住宅」と大きな声で言える結果が出ました
これからの住宅は性能が大切、しかも数値で表すことができるのは自信があるからです
そしてE邸は足場が外れ、全貌が明らかになりました
真っ黒のサイディングとアトリエ建築家デザインのスタイルがとにかくカッコいい
たまたま夕方、お施主様のお子様も見に来てくださり写真に入りました
完成までもう少し待っててね
江嶋 気密

Share